◆ document.write で location を変更できる
◆ document.write を呼び出した親側のページと同じになる
◆ https ページとして扱わせられる
◆ about:blank に限らずその他ページでもできる
  ◆ ただしクロスオリジンのページだと window のプロパティ (document) にアクセスできない

about:blank を開くとそのページの location はもちろん about:blank です
ただ その後で about:blank を開いたページから document.write すると location は document.write を行った親ページと同じになります
親ページが https だと https ページでしか使えない機能も使えるようになります

document.write をする必要があって 単純に親ページの DOM を about:blank ページの body に append したりしても変化しません
新しいページを開いて そこで https ページのみの機能を使いたいときは document.write で location を更新するとよさそうです

基本 about:blank でしか使わないと思うので about:blank の機能として書きましたが どのページでも document.write すると location は下側のものに書き換わります