◆ アクティブなウィンドウのタブバーの背景がグレーになった
◆ タブの色と似ていて見づらい
◆ アクティブと非アクティブの色を反対にすべきだと思う

Chrome を 67 にアップデートしたらアクティブなウィンドウのタブバーの背景色が変わりました

chrome67

「設定」を開いてるほうがアクティブなウィンドウです
後ろ側の「新しいタブ」が 2 つあるほうは非アクティブなウィンドウです

非アクティブなタブはこれまで通りの白色で アクティブなウィンドウだけグレーになっています

だと思うんですよね
タブがグレーなのにウィンドウまでグレーになったらタブが目立たないです
特にアクティブなウィンドウの非アクティブタブは背景色とほぼ同じ色です
非アクティブなウィンドウなら目立たないこの配色でいいですが アクティブなウィンドウなのになんでこんな見づらくしたのでしょうか……

最近は Chrome の更新のたびにネガティブな印象ばかりです
CSS/JavaScript の機能追加などの面では良い部分が多いですが ブラウザ自身の機能や見た目などでは最近良いと感じた部分がない気がします
ちょっと前は下線が途切れるような余計なことしてましたし もうちょっと前にはエンコーディングを手動で選べないのにちゃんと判定しないから文字化けしてたりしましたし

見た目的な部分はもう何もしてくれなくていいんですけどねー