◆ プロセスが残ってる
◆ 起動時にエラーが出る
◆ タスクマネージャから強制終了すると直った 

これまで毎日のように使い続けてるサクラエディタですが、ほとんどバグに出会ってません
ですが 今日は珍しいエラーに出会いました


いらないデスクトップのファイルを消そうとした時 消せない状態でした
エクスプローラなども含めてそのファイルを開いてそうなのを全部閉じて再試行してもだめでした

ファイルハンドルを持ったままになってる何かのソフトが見当たらないので process explorer で検索してみるとサクラエディタでした

見たところサクラエディタのウィンドウはなくて タスクトレイに常駐状態があるだけです
タスクマネージャで見るとプロセスは 2 つ
片方のプロセスがウィンドウないけど消せないファイルを開いた状態のままになってるのかな?

とりあえずタスクトレイでサクラエディタの全終了をしてみたのですが プロセスは 1 つ残ったままです

この状態でサクラエディタを起動してみると しばらく画面がでなくて少し遅れて

コントロールプロセスの起動に失敗しました

とエラーウィンドウがでました

その後またしばらくして

エディタまたはシステムがビジー状態です

とエラーウィンドウです

これが出るだけで何度開こうとしてもサクラエディタが開けませんでした


結局残ったプロセスをタスクマネージャから強制終了すると正常状態に戻りました
初めての現象ですがなんだったんでしょうね

起きたのは 32bit 版の 2.3.1.0


とりあえず「コントロールプロセスの起動に失敗しました」や「エディタまたはシステムがビジー状態です」というエラーが出たら タスクマネージャでサクラエディタのプロセス全部終了してみれば起動できるようになるかも です