◆ 勉強って感じはしない
◆ 好きなものを作れるしパズルみたいな考えることあるし勉強よりゲームよりかな

たまたまネットで「プログラミングは楽しいか辛いか」とか「毎日勉強しています 」とかそういう感じの話題を目にしました

私はパズル解いてるような感覚で楽しいし 自分が作りたいものを自由に作れるので好きでやってます

なので「勉強」って印象はないです
わからないことを調べたりというので意味的に間違ってはないと思いますが 「勉強」 というと学校でやるような辛いものって印象があります

楽しむものとは別な感じです
どっちかという勉強じゃなくてゲームとかそういう系統のひとつだと思います


特に気になったのは「課題出してください」と言ってる人や「問題集」と言う言葉

人に聞かずに自分が作りたいものを作ればいいのにってすごく思うんです
むしろ作りたいものがないならプログラムなんて書かなくて良くない?って

困ってる人に「便利になるツール作ってあげますよ どんな機能が欲しいですか」と聞くならわかるのですが 課題もらうっていうのは本当に授業とかみたいな印象があって 個人的には全然別のところで使うワードのように結びつきません


問題集もなんかすごい勉強してる感あるもので関わりたくない系の単語です
「JavaScript の問題集あります」 なんか言われて嬉しいのでしょうか
プログラミングに対する考え方が全然違うのか別世界な感じを味わいました

お仕事で使うだけで勉強しないといけないもの って考えの人は 仕事じゃなくて趣味で自分用の便利ツールなど作ってみたらいいんじゃないかな