◆ ソースの fetch_able の中身を修正
`curl -LIs "$url"` =~ m/200 OK/;
`curl -LIs "$url"` =~ m/200 OK|HTTP\/2 200/;
 

node の 7.8 が出てたので インストールしようとすると
% nodebrew install-binary 7.8
v7.8.0 is not found

Can not fetch: https://nodejs.org/dist/v7.8.0/node-v7.8.0-linux-x64.tar.gz

エラーになりました
みつからないみたい

もしかしてまだバイナリはないのかな
とりあえず 7.7 で確認

……こっちもインストールできません

パスが変わって対応できてないとか?
とりあえず
% nodebrew selfupdate

でもやっぱり not found のままです
ソースを除いてみたら
my $url = Nodebrew::Utils::apply_vars($_, $vars);
if ($self->{fetcher}->fetch_able($url)) {
    $tarball = $url;
    last;
}
else {
    $msg .= "\nCan not fetch: $url";
}

ここが原因のよう
fetch_able が false になってるぽいです

fetch_able の中身
sub fetch_able {
    my ($self, $url) = @_;

    `curl -LIs "$url"` =~ m/200 OK/;
}

curl -LIs をやってみると
% curl -LIs https://nodejs.org/dist/v7.7.4/node-v7.7.4-linux-x64.tar.gz
HTTP/2 200
date: Sun, 09 Apr 2017 07:42:21 GMT
content-type: application/gzip
content-length: 15545635
set-cookie: __cfduid=de479d419d8e7018f2f4acc8bc8a143a91491723740; expires=Mon, 09-Apr-18 07:42:20 GMT; path=/; domain=.nodejs.org; HttpOnly
last-modified: Tue, 21 Mar 2017 18:56:36 GMT
etag: "58d17764-ed3523"
accept-ranges: bytes
server: cloudflare-nginx
cf-ray: 34cbd44379b92e57-NRT

200 は返ってきてるけど フォーマットが違ってます

curl が新しくなったからなのか nodejs のバイナリ置いてるサーバが HTTP 2 に対応したからなのか
とりあえず nodebrew の対応が必要そうです

対処する

修正されるのを待ってるのも面倒ですし単純な問題なので
普段呼び出してる nodebrew のソースで
`curl -LIs "$url"` =~ m/200 OK/;

`curl -LIs "$url"` =~ m/200 OK|HTTP\/2 200/;

に変更します

正規表現なので新しい表記でもおっけいにしただけです

これで無事ダウンロードできてインストール完了しました

修正されるの?

考えてみると install できないって他に困ってる人いそうなので selfupdate の最新版では修正されてませんでしたが 修正コミットはすでにあるのかな
と思って github のリポジトリを見てみるとそれらしいのもなく最終更新はけっこう前でした

こまめに更新を続けるものではないので仕方ないですが作った人が見てないなら修正される可能性も低そうです

Issues に書くべきなのかな と Issues をみてみるとこの問題について 22 日も前に報告されてました
https://github.com/hokaccha/nodebrew/issues/63

なのにまだ更新がないのはあまり期待できないのかもしれません


追記

他のサイトを curl -LIs してみると

HTTP1.1 のところは
HTTP/1.1 200 OK

でした

HTTP2 のところは
HTTP/2 200

で OK が消えています

fedora が新しい curl を使ってて互換性の問題かと思いましたが nodejs のサーバが新しくなったことが問題のようです
ということは一部の新しい curl 使う人ではなく nodebrew ユーザ全員に影響するけっこう大きなもののようですね