◆ 多すぎますよね
◆ ですが ただのJavaScriptこそが至高ですよ

なんかいっぱい

最近JavaScriptへ変換できる言語が多すぎると思うんです

有名な CoffeeScriptやTypeScript に始まりJavaScriptを出力する言語はいっぱいあります
JavaScript専用じゃなくて いろいろな言語へ変換できる Haxe
速度を求めたJSX
ちょっと前に少し話題になってたような かっこいい名前の Roy
JavaScript という名前になる前に候補だったという LiveScript という名前の言語まであります
LiveScript もその一つらしいのですが CoffeeScript からの派生言語もいっぱいです
そういえば Dart というGoogle製の言語もありましたね

新規に作られたものだけじゃなくて既存言語から変換するものまであります
関数型言語はJavaScriptに近いからかいっぱいあって Lisp, ocaml, clojure, scala, Haskell など有名ドコロを始めほとんどJavaScriptへの変換できる何かがあるようです
手続き型のRubyやJavaやC#など人気どころからもJavaScriptへ変換できるツールがあります
あのC言語からですら変換できるようです

もう よくわからないですね

素のJavaScriptこそが最高なんだよ!

JavaScript人気だよなぁ と思う一方本当にいるの?と思えてきます

既存言語なら 手軽に移植したい時にあると便利なのはわかります
それでも すごく優れた変換ツールでもない限りちゃんと人が理解して書き換えたほうがいいです
特にブラウザJavaScriptなら 単純変換のせいで無駄な処理が多すぎだと速度的に 微妙なものになります

ですが 新言語をわざわざ作る必要はないと思います
Ecma3のころだと まぁ 仕方ないかとも思えます が最近はEcma5でかなり便利ですし Ecma6はまだ一部しか使えないですけど 便利そうな機能が覚えきれないほど増えるようです

劣化でしょ?

わざわざCoffeeScriptやTypeScriptなんか必要ですか?
TypeScriptなんか せっかくJavaScriptが動的型付けでプロトタイプベースオブジェクト指向で使いやすいのにわざわざ静的型付けするし クラス導入とか 個人的にはありえないですし関わりたくないレベルです

静的型付けやクラス好きな人はそれはそれでいいと思います
ですが そうならJavaやC++とかそういう言語を使ってれば良くて わざわざJavaScriptを使う必要が無いと思います
そういう人ってWebというかLL系言語自体が合わないように思います
私の知ってる限りだとそういう人ってLL系言語見下していて TypeScript みたいの使っての出力しかしなくて意地でもJavaScriptなどは書かない感じです
JavaScriptを使いたいならそのまま使えばいいのにわざわざ 別の これといって優れてると思えない言語(あくまで個人の意見です)書いてJavaScriptに変換してまで使わなくていいと思うんです

やりたいならひっそりとやっててください

まだ それぞれ好きなメタ言語でJavaScriptに変換してるだけなら別にいいんです
メタ言語を使っているのが当たり前で 素のJavaScript書いてるとかおかしい ありえない みたいな流れをはやらせるのは本当に迷惑でしかないです
「素のJavaScriptはわからないです」とか「●●Scriptしか書けないんです」とか謙虚でいてもらいたいものです
何を持って自信満々に 生でJavaScriptなんて使うものじゃない とか言ってるんですかね!

あと そういうので出力されたJavaScriptって整形してもきたないし 変換前のコードを見つけてもJavaScriptじゃないので読むのがめんどうです


宗教戦争が勃発しても困るので この辺にしておきます
素のJavaScriptこそが最高の言語だと思ってる私がなにか言っても 納得する人はそうそういないでしょうし

あとLiveScriptはちょっと興味あったりはします